News

2014/11/11
NEW UPDATEinfo >>

初めに

黒電話からスマートフォンへ郵便からEメール、インターネットショッピングへと社会のIT化は急速に進んでいます。
次世代を生きる子供たちにとってはITはもちろんロボット関連の技術は必要不可欠なものになると考えています。
 
こうした技術を小さい時から遊びながら、楽しく触れることにより、少しでも早いうちから情報環境に適応できるマインドを育まれていく事を目的と考えています。


未 来

レコード、カセットテープ、フイルム写真が消えた

アメリカでは現金を待たずカードで決済することが普通となっています、ショッピングもインターネットをとおして行われています。
最近驚いたのは、アメリカ系飛行機のチェックインは全て機械で行わなくてはいけなく、対面型のサービスは消えています。
日本でもLCC系の格安飛行機では、アメリカと同様に機械でのチェックインとなっています、このように、対面でのサービスはコンピュータのに置き換わってきています。
 
さらに労働集約型の作業は“駅の改札での切符切が自動改札の機械”に変わったようにどんどん機械(ロボット)に置き換わってきています。
 
こうした流れは加速しており黒電話の頃は携帯電話でさえ驚きの機器であったのに今ではスマートフォンで映画を見たり音楽を聴いたり写真を撮ったり、インターネットでショッピングまで可能になっています。
2015年で戦後70年になりますが、たった70年で今の時代に到達しました、70年前にはパソコンは存在していなかったのに今ではパソコンが存在しITの時代に突入しました、今後の102030年先はどのような時代になっているのだろう?、私たちの想像をはるかに超える世界になっているかもしれない。
 
10年先は見通せないとしても、現在の延長線上を加速してみると少なくとも、労働集約型の作業はオートメーション・ロボット化に置き換わり、20年先の未来はさらにその延長線上にあり、コンピュータの知識・技術は世界において好き嫌いに関係なく必須のものになるのは明らかです。
 
今後、株式会社ソフトアップJではオートメーション・IT化・ロボット化が進む世界において、日本人の役割が益々必要になってくると考えています。
 
例えば、介護事業においてロボット化の話がでると、常に議論されるのが人のぬくもりと機械の冷たさは違う、ロボットが人の役割を果たせないという問題です。
この点においては、一時話題となった愛犬型ロボットやかわいい声で応答し愛嬌のあるユーモラスのある動きをプログラムされたロボットなどがお年寄りをはじめ人の心をつかんだ事例も多くあります、現在では介護施設に遠隔操作型の会話ロボットが活躍しています。
 
今後の課題としてロボットをいかに人間に歩みよせることができるか、アナログの要素を付加できるかという点においては日本人のもつホスピタリティ・きめ細かさ・視点・洗礼された技術・心配りが生かされるのではないかと思います。
 
こうした時代の流れの中で、未来をみすえ、日本人の特徴を生かしたIT・ロボット技術を学んでいくことで、次世代で活躍する人材に育ってほしい、そのための最初の一歩となる環境を提供することができればと思っています。
 
20141111日 高瀬潤一

介護施設も運営しております(紹介記事)

運営介護施設ホームページ



pepa_robo.jpg

ロボットで遊ぼう~

2015年にペッパー君が来ます、お楽しみに~

みんなで、ペッパー君のアプリを開発しよう~


IMG_3205_R.JPGIMG_3205_R.JPG

楽しい環境~

楽しい環境に取り組んでいます!!

IMG_3277_R.JPGIMG_3277_R.JPG

楽しい動画~

動画集です~

IMG_3275_R.JPGIMG_3275_R.JPG

楽しい内容~

内容です~

JOY JOY KIDSでは、未来を見据えた、IT環境を提供いたします。
株式会社ソフトアップJ
〒590-0953
大阪府堺市堺区甲斐町東3丁1番13号
Tel : 072-222-2666  Fax : 072-222-2655
mail : entoreriha@gmail.com

Outline

施設名
JOY JOY KIDS
営業日
月曜日~土曜日